So-net無料ブログ作成

青汁の歴史 [青汁]


過去の青汁は、一部の健康に強い関心がある人や
九州地方でのみ知られるマイナーなものだったが、
990年代に全国区のバラエティ番組(有名な例としては
森田一義アワー 笑っていいとも!の
「真夏(恐怖)のドカン大作戦」のコーナーや、脳内エステ IQサプリがある。)で
罰ゲーム用品として使われたことをきっかけに注目されるようになった。
同時にそれまで九州限定だったキューサイのCMでの
八名信夫の「まずい!もう一杯!」発言のインパクトもあり
全国に知られるようになる。なお、この台詞は台本通りではなく
撮影時あまりの不味さに思わず出た言葉が採用された。
以降、宴会等の罰ゲームの定番として一般にも広く用いられるようになったが
近年はバラエティ番組の罰ゲームとしては
味への慣れや多用などによりインパクトが弱くなっていることもあり
青汁に代わってノニジュースなど
新たな商品が使われることも増えている。
また、2000年代以降に発売された青汁は改良が進み
かつてのような特有の味や青臭さは抑えられ
飲みやすくなっている。さらに
フルーツエキスを加えて飲みやすくしたフルーツ青汁も人気を得ている。

引用元:青汁
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0